banner

作業ルーティンワークを削減する

不動産コボットの特徴はブラウザをコボットが立ち上げて物件空室情報サイトへログインを自動で行います。
そうして取得した新規物件情報、そして申し込みがあって削除された物件情報などを取得するのです。
今まであった情報と削除した情報を確認して、新規物件リストと削除物件リスト、そして更新情報をエクセルなどの任意に指定したデータ形式に自動入力するのです。

このような作業は不動産業には必要不可欠だと言われています。
何故なら、不動産業は物件の情報を正しく管理する事が非常に重要だからです。
その情報を基に入居者は物件を決めるため、そこと異なった情報が掲載されていた場合、無用なトラブルを招いてしまいます。
しかし、膨大な情報を確認するだけでも時間がかかりますし、その情報を入力する際に転記ミスが起こる可能性があります。

不動産コボットのようなサービスを利用することによって、普段は1人1日2時間かかって行う更新情報がたった5分で終了します。
そのため、毎月100時間以上の作業時間を削減する事が可能になるのです。
さらに、ロボットが作業を行うため転記ミスが発生しません。
こうして作業ルーティーンから解放されるため、さらなる業務展開を行うことも出来るのです。

Copyright(c) http://www.janovetuv.com/?jan=6