banner

卵子凍結をして大切な卵子を保存できます

現代は女性も仕事を持たれている人が多く、30代以降になってから、初めて結婚を経験する人が増えています。
何らかの事情でパートナーとなかなか結婚できない場合もありますし、職場で活躍をしたい人は、赤ちゃんを産むのをためらっている人も大勢おられます。
30歳の働き盛りの年齢から、卵子は少しずつ老化してきて、妊娠率が下がったり、流産のリスクも高まります。
将来自分の卵子を使用して、不妊治療を行いたいと考えている人は、最新の医学の卵子凍結に高い関心を持っています。
卵子凍結を行っている専門のクリニックでは、高い技術の医師が在籍をしており、丁寧なカウンセリングを行っています。
基本的には39歳までの女性が対象になっていますが、40代の人も相談に乗ってもらえます。
丁寧なカウンセリングを受けた後は、内診や超音波検査を行ったり、精密な血液検査が受けられます。
採卵を希望している人は月経周期の3日目から、排卵を誘発するための治療を行います。
10日から14日ぐらいで採卵が可能なので、成熟卵だけを採取します。
卵子凍結を行うと、健康な卵子を長期間保存ができるため、赤ちゃんを授かりたい時は、卵子を使って治療が受けられます。
まずは医師に不安や悩みを相談してみると良いでしょう。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.janovetuv.com/