banner

極めて重要なファイルセキュリティ

ファイルセキュリティが組織の機密資料に対して重要な理由は、一般的な管理体制・システム向けの従来のツールだけでは不十分なためです。
従来は、ディレクトリ・サービスOSに組み込まれているファイルの監査機能といった管理ツール等の対策が一般的に使われていました。
しかし、これでは、絶えず動いている組織の変化やファイルデータの構造変化と言った質的面および量的面の双方において、対応することができていないからです。
こうした不備に対する対策としてファイルセキュリティ関連のツールが、多く市販されています。
そうしたツールの一例として「DijitalArts」という会社の「Final Code」を取り上げてみました。
このツールの特徴を端的に記すと以下のようになります。
例えば、一般的なパスワードロックを使っている場合には、ファイルの開封者にパスワードを通知する必要がありますね。
その結果、パスワード自体が漏洩した場合には、誰が該当するファイルを開封したのかつき止めることはできず、回収も事実上不可能になってしまいます。
しかし「FinalCode」では、そもそもパスワードが無いのでパスワード通知という段階がありません。
それに変わる手段として、開封できる権限者を予め決めておき暗号化しておくわけです。
こうした処置を施したファイルを送信した場合にはその受信者が、仮に無断で第三者にファイルを転送したとしても暗号化されているため、ファイルの開封方法までは教えることができないというのがポイントになります。
また、ファイルの追跡と削除ができるようになっており、機密情報が漏洩することはないというわけです。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.janovetuv.com/