banner

日本ではあまり知られていないエッグドナーについて

晩婚化が進む日本では、強く望んでいても子供が授からないカップルが増えています。
そして長年日本での不妊治療を続けているものの、限界を感じている人達も少なくありません。
子どもを強く求めるカップルの中には日本とは違う最先端の不妊治療を求めて海外へ足を運ぶ人達も多く存在します。
そんなカップルに自身の卵子を提供するボランティアがあるのをご存知でしょうか。
日本での認知度は低いですが、海外ではエッグドナーボランティアと呼ばれています。
きちんとした不妊治療の一つであり、ボランティアの女性から採卵した卵子と子どもを望む夫婦のご主人の精子を用いて体外受精を行い、受精卵を奥さんの身体に移植するという方法です。
ボランティアの女性は卵子ドナーとして卵子を提供するだけなので妊娠を請け負うリスクはなく、生まれてくる赤ちゃんは夫婦の子供となるので親としての責任が発生する心配もありません。
新しい命が生まれる瞬間に貢献できる素晴らしいボランティアですが、卵子ドナー登録を請け負っている団体の中には依頼人にドナー名簿を見せるところもあるので、注意が必要です。
どの団体にドナー登録するかはしっかりと吟味しましょう。
エッグドナーのサポートを行っているEggDonorCenterでは、あえてドナーの情報を紙媒体で保管することでデータ漏えいを防いでいますし、依頼者からドナーの個人情報を求められてもはっきりと断ってくれるので安心です。
人気の報酬謝礼金エッグドナー(卵子ドナー)募集中!EggDonorCenter

Copyright(c) 2012-2013 http://www.janovetuv.com/