banner

簿記検定の種類について。

世の中には様々な資格がありますが、ビジネスや会計に役立つ資格の1つに「簿記」があります。
簿記とは、会社で行う金銭の取引のすべてを計算し、記録、管理を行う為に必要な専門の技能の事で、企業のお金の流れを管理する能力レベルを証明する資格が検定です。
なので会社で経理を担当する人は勿論のこと、多くの会社で常に必要とされる資格なので、最近は転職やキャリアアップを目指し取得される方も多いと聞きます。
また自営業の方にも必要な資格でしょう。
この資格の検定は3級から1級まであり、級ごとに求められる知識が違います。
3級は簿記の基礎知識を学ぶので、初めて挑戦する方はまずこちらの級から受験すると良いでしょう。
2級は一般的な会社で必要な経理や会計処理の知識を学び、現場ですぐさま実戦力になれるレベルになります。
1級になると会計基準のグローバル化に対応した内容が盛り込まれているので、この級保持者のニーズはとても高いです。
また、受験資格がなく誰でも受ける事が出来るのも人気の1つです。
更に1級は年に2回、それ以外は年に3回検定試験が行われます。
1年の内に受験するチャンスが多いので、無理せず自分のペースで勉強をする事も出来ます。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.janovetuv.com/