banner

DHAより優れたEPA

皆さんがよく耳にするのは脳神経に効果があるDHAという成分だと思います。
まぐろ、かつおに良く含まれていて注目されていますよね。
しかし、これよりももっと優れているのが、EPAです。
EPAは中性脂肪、悪玉コレステロールを低下させて逆に体によい善玉コレステロールを増加させる効果があり、血液をサラサラにする作用があります。
DHA同様、青魚に多く含まれていて、体の中では作ることができない貴重な成分です。
こちらは、血液、血管に関して効果があり、動脈硬化、高血圧、脳卒中、高脂血症の予防や改善に役立つといわれているもので生活習慣病を防ぐにはうってつけの栄養分です。
食品でいうと、いわしやさば、さんまなどに含まれています。
ただ、これらの魚は生で食べると効果的ですが、調理するとこの栄養は減ってしまいます。
いわし、さば、さんまは生食で食べるのは新鮮なものではないといけないのでとても難しい魚ですよね。
ですから、ベストなのはできればサプリメントなどを活用して摂取するとよいでしょう。
ちなみに摂取後はなんとDHAに変換されるのでEPAを摂取すれば一石二鳥ということでとても優れているのです。
皆さんも積極的に摂取してみてはいかがですか。

Copyright(c) http://www.janovetuv.com/?jan=7